キクの育て方で注意しておきたい害虫被害について

キクの育て方で注意しておきたい害虫被害について

花

害虫の被害は怖い!

害虫によるキクの被害は非常に甚大で、アブラムシはキクの新芽や葉裏に群がって養分を吸収し、葉っぱを黄色く変色させたり萎縮さえてしまいます。さらに花の中でも繁殖するので、著しく外観を損ねてしまいます。そしてアザミウマと呼ばれる害虫は、新芽を加害して、展開葉がケロイド状になったり奇形になったりします。夏場に大量発生しやすいのはハダニで、主に葉っぱに寄生して汁を吸い、白い小斑点を生じさせます。被害が進行すると、蜘蛛の巣が張ったような状態になり、落葉してしまうこともあります。
体長2ミリの小さなハエであるハモグリバエは、幼虫が葉肉を食べて葉っぱに食害痕を残すことで外観を損ねます。
キクの害虫は春先から秋ごろにかけて発生しやすいため、適切な駆除を行うことが大切です。

害虫対策について

キクを害虫から予防する育て方とは、育苗段階から定期的に薬剤散布することがが効果的です。一般的なホームセンターなどで販売されている殺虫剤を使用するのが良いでしょう。株元に散布する粒剤タイプの殺虫剤は、葉の中に潜んでいる幼虫に効果があります。ですが、これは蛹には効きませんので、しばらくすると再び幼虫が発生することもあります。その場合、数回葉の表から裏までムラなく散布することがポイントです。また、同じ殺虫剤を繰り返し使用すると害虫に抵抗性がついてしまい、効かなくなることがあります。ですので、何種類かの殺虫剤をローテーションで使用することがお勧めです。
殺虫剤を使いたくない場合は、防虫ネットで覆うなどハウス栽培するのが一番効果的です。方法がオススメです。害虫が発生したら殺虫剤を散布する日頃から日光によく当てたり、風通しを良くしたりといった予防防除することが大切といえます。

広告募集中