育て方と一緒に知っておきたいキクの魅力とは

育て方と一緒に知っておきたいキクの魅力とは

花

育て方を知る前にキクという花を知ろう

キクは、有名な花の1つと呼べるでしょう。色・大きさも様々で、秋が見頃です。葬儀の際に用いられることが多いですが、皇室の紋として定められており、長い歴史を持ちます。日本には、奈良時代または平安時代に中国から渡ったと伝えられており、薬草や観賞用植物として愛されてきました。そんなキクを自分でも育てられるよう、育て方を知っていきましょう。

キクが人気の理由

キクにも様々な種類があり、観賞用には色とりどりの花が小ぶりのものから大輪のものまであります。仕立ての種類は様々ある他、人形の衣装にキクを使った「キク人形」も有名です。また、食用としてのキクも存在しており、お刺身の付け合わせの他に、お浸しや天ぷら、酢の物などにも用いられています。食用キクの旬は秋となります。
キクは鑑賞するだけではなく、キクを使った飾り、料理に使う、といった幅広く扱えます。このようなことが、人気の理由といえるでしょう。
育て方を確認し、好みのキクを育てていきましょう。

困ったときはネットや本などで調べよう

キクを育てる際、どうしてもわからないことや、思わぬアクシデントが起こることもあります。そのような場合は、ネットや本などでキクの育て方を確認、原因を突き止めましょう。
正しい対処法をとり、美しいキクを育てましょう。

慣れたら徐々にステップアップ

キクの育て方にも慣れてきたら、少しずつステップアップしていきましょう。仕立てにチャレンジしてもいいかもしれません。「3本仕立て」は基本的な仕立て方ですが、苗の頂芽を摘みとり、3本の枝を伸ばし、前の2本を同じ高さに、後ろの1本を前の2本より少し高めにし、3本の花を同じ大きさで咲かせるというものです。
自信がついてきたら、3本仕立ての他の仕立て方にも挑戦していくといいでしょう。

広告募集中